おみそを食べて毎日元気!
home ホーム  >  おみそを食べて毎日元気!
こんなにいっぱいみその栄養成分 がんのリスクを抑えます! 生活習慣病のリスクを抑えます! 味噌汁のチカラ みそでおいしく離乳食

がんのリスクを抑えます!

がんのリスクを抑えます!

毎日のみそ汁が胃がん予防に

みそ汁を飲む頻度の高い人ほど、胃がんによる死亡率が低い−−

これは1981年に、国立がんセンター研究所の平山 雄博士によって発表された『みそ汁を飲む頻度と胃がんの死亡率との関係』の調査結果です。
みそ汁を飲む人と飲まない人の死亡率には明らかな差があり男女ともに、みそ汁摂取頻度が高くなるほど、胃がんの死亡率が低くなることがわかったのです。特に男性では、全く飲まない人の胃がんによる死亡率は、毎日飲む人に比べて1.5倍も高くなるというものでした。さらに5歳ごとの年齢別でも、男女ともほとんどの年齢層で毎日摂取者の胃がん死亡率が低いことも認められました。
また、この同じ調査結果を喫煙者の有無で分けたところ"タバコを毎日吸うが、みそ汁を毎日飲む人"のほうが"タバコは吸わないが、みそ汁を全く飲まない人"よりも胃がんによる死亡率は低くなっていました。

みそ汁を飲めば飲むほど乳がんにかかりにくくなります

「みそ汁の摂取が多いほど乳がんになりにくい」という調査結果が2003年、厚生労働省の研究班より発表されました。研究班では岩手、秋田、長野、沖縄4県14市町村に居住する40〜59歳の女性21,852人を対象に、みそ汁や豆腐、納豆などの大豆製品の摂取量と乳がんの発生率の関係を10年間にわたって追跡し、疫学的に調査を行いました。その結果、みそ汁を飲む量が一番少ない「一日1杯未満」の人の乳がん発生率を1とすると、「一日2杯」の人では0.74、さらに「一日3杯以上」の人では0.6という数値でした。つまり「一日1杯未満」の人よりも、2杯の人は26%、3杯以上の人は40%も発生率が減少していることがわかりました。これらの値は乳がんに関連する他の因子(初潮年齢や妊娠回数など)の影響を覗いて計算されており、みそ汁を飲めば飲むほど乳がんになりにくいという傾向が見られたのです。また、大豆イソフラボンも摂取すればするほど、乳がんになりにくいということも、この調査でわかりました。

木桶だからできる風味